少しでも痛みを和らげるために当院が工夫していること

表面麻酔 表面麻酔 

麻酔をする前に、針を刺す場所の歯茎の表面に塗るお薬です。お薬を塗ることによって歯茎の表面を麻痺させるので、針の刺す痛みを和らげる事ができます。

注射器(浸潤麻酔)注射器(浸潤麻酔)

麻酔のときに使う注射器です。当然患者様ごとに滅菌した新しいものに交換しています。
また、針の細さもなるべく細いものを使っています。

オーラスター(電動麻酔注射器) オーラスター(電動麻酔注射器)

麻酔液の注入速度を一定に保ちます。機械の圧力で麻酔液を注入するのでゆっくりと痛くないように麻酔ができます。

シトジェクトシトジェクト

浸潤麻酔が効きにくい場合に追加する歯根膜麻酔用の注射器です。特に下の歯は麻酔が効きにくいですので、このシトジェクトですると麻酔が確実に効き、痛みが楽になります。

カートリッジウォーマー カートリッジウォーマー

麻酔の時に使う麻酔液を温めておきます。麻酔液を体温の温度と同じくらいに保つ事によって、麻酔をする時に、麻酔液が入る時の痛みを緩和する事が出来ます。

▲このページのTOPへ

インプラントを考えるなら長崎県諫早市のふじた歯科