歯科専用CT(コンピューター活断撮影器)ファインキューブを完備

長崎県諫早市でインプラント治療に取り組むふじた歯科 歯科専用CT(コンピューター活断撮影器)ファインキューブふじた歯科ではこのたびCTを導入いたしました。

ふじた歯科では、精密検査機器として最新鋭の歯科専用CT(コンピューター活断撮影器)ファインキューブを完備しております。これにより従来の診断機器とは全く異なる撮影方法、コンセプトにより、お口全体の立体画像が撮影できるのです。

しかも歯の中や骨の中まで立体的に3D画像が見えるので、正確な治療計画をたてることができます。

長崎県諫早市でインプラント治療に取り組むふじた歯科 3D画像1長崎県諫早市でインプラント治療に取り組むふじた歯科 3D画像2長崎県諫早市でインプラント治療に取り組むふじた歯科 3D画像3

歯を支える顎の骨は凹凸や傾きがあり、その中には神経や血管が多く通っています。その流れは複雑で、通常歯科医院で撮影するパノラマ写真(レントゲン写真)では、骨の中にある神経や血管を確認できません。複雑な神経系や血脈な流れ、骨の密度、筋肉や骨の構造をより良く理解するために、CTは不可欠の設備といえます。これまで当院は西諌早病院での医科用CT撮影を依頼し、データを送っていただき、それをシンプラントというシュミレーションソフトで解析し3D画像を作成し、インプラントオペのシュミレーションを行ってきましたが、時間がかかることと、手術中に撮りたい場面もあり導入いたしました。これでますます患者さまにとって便利でなおかつ安心安全なオペの計画、実施ができると思います。

長崎県諫早市でインプラント治療に取り組むふじた歯科 コンピューター上でシュミレーションインプラントを施術する歯科医にとって、CT撮影は言わば手術のナビゲーションを意味します。CTを使うと、安心安全の手術が可能となるのです。

CTで患者様の歯や顎の状態を3D画像で撮り、歯の状態について術前にコンピューター上でシュミレーションを行います。こうして術前に手術の注意すべき点、神経までの距離、骨質から想定したドリルを進める力などの確認ができます。

しかも当院では最新のシュミレーションソフトである全世界が認めるシンプラント・クリスタルを使用しております。

長崎県諫早市でインプラント治療に取り組むふじた歯科 最新のシュミレーションソフト シンプラント・クリスタル1長崎県諫早市でインプラント治療に取り組むふじた歯科 最新のシュミレーションソフト シンプラント・クリスタル2


ところで、何故CTのない医院が危険なのでしょう?

現在もパノラマ写真(レントゲン写真)と研究用模型のみでインプラント治療を行う医院がありますが、考えると私はぞっとするくらいです。本当に危険と思います。というのは顎の骨は非常に複雑にできております。骨の形は非常に複雑で裏や下に数多くの血管や神経が通っています。

実際に数年前に起きた歯科医療事故で、パノラマ写真をみて予想された場所に骨がなく、骨を突き抜け、しかも血管を傷付け、患者様が死に至った医療事故の報告もあります。

歯の手術とは言え、決して安易に考えてはいけないのです。特に顎は首や鼻や舌に接していますので、頭と身体をつなぐ非常に重要で複雑な神経・血管を内包しています。しかも舌は神経と血管の塊のようなものです。ですからインプラント術中何か異変を察知したときにすぐさまCTがとれることは非常に大きい意味を持ちます。ですから結論としてCTを完備していない医院での手術は、歯のみならず、身体に危険が及ぶこともありますので、不安ですね。
 
インプラントの土台となる骨は個人差があります。骨の薄いところ、厚いところ、固いところ、柔らかいところなどもあります。このように骨の構造は人によって様々です。CT撮影をすると、骨の状況を把握し、正確に穴を空け、安全にインプラントを入れられます。
最近ではサージカルガイドと言ってCTシュミレーションで行ったインプラントオペの再現ができるインプラントオプションもあるくらいです。

逆にパノラマ写真の正面確認のみで骨の窪みや傾きに気づかず、神経までの距離だけを見て穴を空けてしまうと、骨を突き抜けて血管や神経を傷つけるといったことが起こってしまうことがあるのです。
 
多くのCTを完備してない歯科医院では、このような「骨の厚みがわからないパノラマ像」と「少ない症例数による勘」を頼りに、「大体これくらいは行けるだろう」と、天性の勘で骨に穴をあけていきます。もし、これで骨を突き抜けてしまったら、その先の血管や神経を巻き込んでしまいます。怖いですね。

安心安全なインプラント手術を受けるためには、CTを完備している意義があると思います。

▲このページのTOPへ

インプラントを考えるなら長崎県諫早市のふじた歯科