インプラント矯正について

 インプラント矯正について

 

 長崎県諫早市のふじた歯科では歯科矯正もインプラン治療もどちらもやっております。でもインプラント矯正という言葉をご存知の方は少ないのではないでしょうか?

 

インプラント矯正とは、『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、矯正用につくられたインプラント体を顎骨に埋め込み、これを固定源として、従来の矯正治療では困難であった歯の移動を可能とする治療方法とされています。

矯正は歯を並べるために、歯を動かします。その時に固定源が必要なのですが、一般的には奥から2番目や一番奥の歯を固定源にします。しかしその固定源より全く動かないインプラント体があれば最も効果的なのです。

治療期間の短縮を目的にしたり、いわゆる「アゴ切り」と呼ばれる顎離断手術等の外科的治療が必要とされたケースに使用されます。
 
治療期間が一般的な歯列矯正より短くなり、一般的に外科手術が適応の症例においても手術なしで行うなど、抜かない治療の幅が広がるメリットがあります。

口腔内に歯列矯正用のインプラント材料を埋入する必要がありますが、インプラント専門医から見ると、その手術自体はそれほど難症例ではありません。 最大のポイントは、固定源としてどれだけの荷重に耐えられるのか?どれだけの期間、顎骨と親和性を保たれるのかという点です。

 
この荷重が、一般のインプラントとは異なる三次元的な荷重であるところがインプラント矯正(矯正用インプラント)の大きな特徴なのです。

詳しくお聞きになりたい方は個別にご相談ください。

また矯正用インプラントとは言え、一般のインプラントと侵襲(整体への影響度)や手術の滅菌レベルが異なるわけではないので、経験豊富な専門医を選ぶ必要があります。

 

インプラントを考えるなら長崎県諫早市のふじた歯科