インプラント治療の具体的な流れは?

こんにちは、長崎県諫早市でインプラント治療を行っている、ふじた歯科です。

インプラント治療を希望される患者さまからこのようなご質問をいただきました。

今回はこういったご質問にお答えします。

Q.インプラント治療の具体的な流れは?

 

A.インプラント治療の流れです。 

@診査・診断 Aシミュレーション B1次オペ C2次オペ D型どり E上部構造装着 といった段階で進んでいきます。ふじた歯科での流れを、ひとつひとつ具体的にお話ししていきます。   

 

@診査・診断  

まず、ファインキューブというCT撮影機によりCT画像を撮影します。同時に歯周組織の検査      も行います。

 

Aシミュレーション  

撮影したCT画像をもとに、シンプラント呼ばれるシミュレーションソフトを用いて実際にインプラントを埋めるシミュレーションを行います。このシミュレーションソフトは実際に使用するインプラント体の長さや、直径、また周囲の骨は十分にあるか、神経との距離は安全かといったことを調べるためです。

 

B1次オペ  

顎の骨にインプラント体と呼ばれる、本体部分を埋める手術です。 当院ではドリルを使用しないインプラントシステムを使用しています。詳しくは本サイトの項目をご覧ください。

 

C2次オペ   

1次オペ後、インプラント本体と顎の骨との結合を待ちます。早くて3カ月、長いと半年は待つ必要があります。治療の成功はこの結合がうまくいくかどうかにかかっています。じっくり待ちましょう。   その後2次オペはインプラント体の頭の部分を歯茎の上に出す手術です。ここで仮歯が入ります。

 

D型どり  

2次オペ後、歯茎の状態が良くなったころに型どりを行います。この型どりはインプラントにつける歯の部分を作るためです。個人個人にあった専用のトレー(型どりの器具)を用意し、精密に型どりします。

 

E上部構造装着  

型どりした型をもとに、信頼のおける技工士さんに上部構造(歯)を作ってもらいます。そして、出来上がった上部構造を、口の中で調整し装着します。 ここでインプラントの治療終了となります。

     

インプラント治療を行う部分は、歯のない所、または歯を抜かなければいけない所です。 治療期間は長くなるため、ずっと歯がない状態が続くのかと心配される方も多いようです。 歯を抜いた所に、仮に入れ歯を作ったり、隣の歯に歯の型を接着剤でくっつける方法もあります。  もちろん、個人個人によって可能不可能がございますので、気軽にご相談ください。

 

***「インプラント治療の具体的な流れは?」についてご質問いただいた方からは、「インプラントを長持ちさせるには何が大事ですか?」についてもご質問をいただくことがございます。***

電話やメールにても、ご相談を承っております。お気軽にご連絡ください。

ふじた歯科:TEL0957-43-2212

 

TOP「インプラント治療Q&A」へ

インプラントを考えるなら長崎県諫早市のふじた歯科