インプラントはMRI検査に影響を与えますか?

こんにちは、長崎県諫早市でインプラント治療を行っている、ふじた歯科です。

インプラント治療を希望される患者さまからこのようなご質問をいただきました。

Q.インプラントはMRI検査に影響を与えますか?

 

A. インプラント自体には全く問題ありません。

 

今回インプラント治療をふじた歯科で受けられた患者さまからこういった相談を受けました。 金属を体内に埋め込むので、こういった検査で影響を受けるのではと心配される方は多いようですね。 しかし、実際は検査によりインプラント体が熱を発したり、ずれる、ゆがむなどの心配はありませんし、 そういった報告もありません。           MRI検査とは、磁力を使って検査するものです。 インプラントに使用されるチタンは、磁性体ではないので問題ないのです。  MRIに限らず、CT検査、レントゲン検査では必ず金属類を身に着けていないか質問されます。 それはなぜかというと、金属類が診断場所の近くにあるとアーチファクトといって、画像にブレが生じるからです。 インプラントの上に作る歯や、銀歯などは金属を使用しているため、画像の影響は避けられません。        しかし、絶対に検査できないといことはありません。 インプラントをしているからといって検査を断られる場合もあるようですが、それは誤った認識であるので担当の歯科医師に相談しましょう。       ただし、入れ歯などでマグネットデンチャーなど磁石を使用している場合は検査できない場合もあります。 磁石を入れ歯側についていれば、検査時に入れ歯を外すだけで問題ないですが、インプラント体に磁石が付いている場合は対応が必要でしょう。     MRI検査以外に超音波検査などの検査を受けられることもあるでしょう。 その場合でも検査を受けること自体には全く問題ありませんので心配いりません。
***「インプラントはMRI検査に影響を与えますか?」についてご質問いただいた方からは、「インプラント治療の具体的な流れは?」についてもご質問をいただくことがございます。***

電話やメールにても、ご相談を承っております。お気軽にご連絡ください。

ふじた歯科:TEL0957-43-2212

 

TOP「インプラント治療Q&A」へ

インプラントを考えるなら長崎県諫早市のふじた歯科