健康寿命とインプラント

健康寿命とインプラント

健康寿命は男性70.42歳、女性73・62歳        2012.6.1

厚生労働省は1日、2013年度から始まる次期健康づくり計画について検討する厚生科学審議会の部会で、介護を受けたり寝たきりになったりせず、制限なく健康な日常生活を送ることが可能な期間を示す「健康寿命」が、2010年で男性が70.42歳、女性が73.62歳だったと発表しました。

 

厚労省が健康寿命を算出したのは初めてだそうです。

ふじた歯科でもこれまで、幾度となく健康寿命に関して発信をしてきました。

健康寿命とは世界保健機関(WHO)が2000年に打ちだした概念です。
もう一度説明しますと、一生のうち、介護が必要であったり、日常生活に支障が出るほどの病気にかかったりする期間を除き、健康に日常生活を送れる期間を示す。単に寿命を延ばすのではなく、生活の質を重視する考え方に基ずきます。

 少子高齢化が進む中、時期健康づくり計画では、健康な状態で長生きするための社会環境づくりを目指している。2013年〜2022年度の国民の健康づくり計画案に「健康寿命を延ばす」とする目標を盛り込む。計画は6月中旬にも正式決定される見通しだそうです。

 厚労省は2010年の平均寿命を男性が79.55歳、女性が86.3歳と推計しており、健康寿命との差は男性で9.13年、女性で12.68年もありました。この数字は非常に大きいと思います。
 何故なら、平均寿命と健康寿命との差は日常生活に制限がある「不健康な期間」でなのです。平均寿命は延びたけれど、不健康な時間が10年近くもあるのです。これは問題ですね。この差が拡大すれば医療費や介護給付費の多くを消費する期間が増大するという、医療経済学の問題もありますし、ましてや家族に迷惑をかけると言う問題も発生します。


人間元気で死ぬ時はぱたっと誰にも迷惑をかけずに死にたいと思っているはずです。いわゆる、『ピンピン ころり』 が理想と思いますよね。

次期健康づくり計画案では、平均寿命の増加分を健康寿命が上回ることでこの差を縮小し、高齢者の生活の質の低下を防ぐとともに、社会保障負担の軽減をも目指しているようです。

 健康寿命を都道府県別でみると、男性で最も長いのは愛知の71.74歳。最短は青森の68.95歳です。女性は静岡の75.32歳が最も長く、最短は滋賀の72.37歳。最長と最短の差は、男性で2.79年、女性で2.95年あり、計画では、こうした都道府県格差の縮小も目標とするようです。

ちなみに長崎県は男性69.14歳(全国45位)、女性が73.05歳(全国39位)だそうです。ともにあまり高くありませんね。50歳を過ぎた私としては少し気がかりです。

 

 私は、健康は まず、自分で食べることが基本であると思います。口から自分自身で食べることが結果的に健康につながります。我々歯科医師の仕事は、健康寿命に関して多大な関わりを持てる重要なものだと自負しております。

不幸にして歯が無くなったら、インプラントや良い義歯を作って咬めるようにする。口からしっかり咬むことができれば健康への第一歩です。

まずしっかり咬んで、美味しく食事をいただき、健康で長生きする人生を目指しましょう。


ふじた歯科はそのために、『歯から体の健康づくり』にまい進することを誓います。

スローフードの勧め

スローフードの勧め


長崎県 諫早市のインプラント相談室(ふじた歯科)ではスローフードをお勧めします。
早食いや丸飲みは肥満の原因。ファーストフードはそこそこにして、スローフードを心がけてはいかがでしょうか?

しっかり咬むことは生きていくうえで必要なことですし、健康の源でもあります。ところが虫歯や歯周病、不正咬合、顎関節症、また歯が無くなることによって、しっかりと咬むことができなくなると多くの問題が発生します。

ここで咬むことの効用を再度認識してみましょう。

1、 発育期においては、顎を発達させて歯を丈夫にする
2、 食物を噛み砕き小さくすることにより消化を助ける
3、 唾液の分泌を促す
4、 大脳を刺激して認知症を予防する
5、 集中力を高め、同時にストレスを緩和する

しっかりと咬むことは人にとって非常に大切なのですが、それは咬む回数にも関係します。現代と過去の咬む回数を比べてみると、現代は60年前の2分の一、弥生時代の6分の一と言われています。食事時間も弥生時代の5分の一だそうです。

これは現代の食事が、柔らかいものが多いということにつきます。カレーライス、ハンバーグ、パン、などと柔らかいものばかりが食卓に上りますし、街中手軽にファーストフードが手に入ります。

野生動物の世界では、咬めなくなるとそれは『死』を意味しますが、人間社会では生きていくだけはできます。

しかし、咬む回数が少なくなると、虫歯、歯列不正になりやすく、しかも唾液の分泌が少なくなりドライマウスにもなりやすくなります。そうすると歯周病も悪くなりやすく、肥満になりやすく、ひいては成人病になりやすくなりますし、脳の機能の低下(認知症)などに繋がります。

理想的な咬む回数としては一口当たり20〜30回といわれています。あなたはいかがでしょうか?20回以上咬んでいますか? 良く咬むことによって肥満などが予防できます。

良く咬むためには、しっかりとした歯が必要です。そのために歯がある人は良い状態が続くように歯の予防が大事ですし、歯が無い人はインプラントを入れてしっかりと咬むことが大事です。


ただ咬むだけでなく、QOLを高めよりよい人生を生きるためにしっかりとゆっくりと食事をしましょう。

長崎諫早 インプラント相談室

歯を大切に、歯周病や虫歯から歯を守りましょう

歯は全部で何本あるか知っていますか?

ご存じない方も多いようですのでここでお知らせいたします。実は成人の歯の本数は、親知らずを除いて通常は28本です。

ところが年齢を重ねるにしたがい、歯の本数は少なくなって行きます。この理由は虫歯であったり歯周病であったりして無くしていくんですね。

でも、これまで当たり前だと思われていたこのことが、高齢化社会を向かえ大きな問題としてクローズアップされているのです。

現在、歯の健康は食事の問題だけでなく、糖尿病や肥満、アルツハイマー病などにも関係があることが分かっています。歯の本数の多い、少ないで一生涯の医療費に差が出ることもわかっています。

80歳になっても自分の歯を20本程度保つことが、元気で質の高い老後を送る為にはとても大切な条件だと思います。 これを8020運動と言います。

歯を失う原因は、主にむし歯と歯周病です。いずれも局所の感染症なので、簡単に空気から感染する事はありませんが、唾液などから感染する事があります。

最近ますます増加している歯周病は、中高年の約80%がかかっている生活習慣病でもあります。また、細菌感染症なのです。
 
むし歯も歯周病も一度かかったら自然治癒することはありません。一時的に症状が軽くなったとしても(腫れが引いたり、痛みがなくなった)治ったわけではなく、静かに進行しているのが特徴です。ですから必ず歯科医を受診し、治療や予防をいたしましょう。

すでに自分の歯が残り20本以下だとしても、ブリッジ、入れ歯、インプラントなどで、かみ合わせの機能の回復を図りましょう。抜けたままにしておくのが一番いけません。残っている歯に必要以上の負担をかけることになってしまい、ますますお口の状況が悪なっていき、歯の本数を減らす結果になるからです。

この中でもインプラントは自分の歯と同じように噛むことができるし違和感が少ないので一番優れています。噛む喜び、以前歯があった時と同様の感触を味わうことができます。

 

歯と全身の健康・栄養との関係

 

「歯が少ないと栄養摂取のバランスが崩れる?」って本当? 

鶴見大学歯学部の花田信弘教授の10年以上に及ぶ「歯と全身の健康、栄養との関係」についての追跡研究があります。これは日本歯科医師会の月報で送られてきた資料なのですが、非常に興味深い内容でしたのでご紹介します。

 

それは現在のお口の状態や失っている歯の数、歯周の状態はもちろん、病気や寿命に関係してくる食習慣や運動などの生活習慣を調べ、その後、追跡調査で病気にかかられたかどうか、亡くなられた場合の死因など継続的に調べているアンケート調査をもとにした研究です。

 

調査対象は全国の歯科医師です。本来歯の専門家である歯科医師が対象ですので、自分の歯の本数、歯肉の状態などのデータも正確なものが得られるという利点があります。分析対象者は何と2万1149名。全国の歯科医師会会員の3人に1人という大規模な調査なのです。長崎県の歯科医師も200名から300名くらいは調査に参加したのでしょうね。

 

 このすばらしい研究からわかったことは以下の通りだそうです。

 

歯が少ない人は生活習慣病予防に重要なカロチンやビタミンC、食物繊維の摂取量が減り、逆に炭水化物の摂取量が増えるそうです。歯の状態が良くないと十分な食事がとれずに栄養のバランスが崩れてくるようです。歯科医師は自分の歯がなくなった場合でも適切な治療が受けやすいと推測されますが、それでもこのような傾向が見られます。

 

やはり、歯が少なくなってくると食事の変化が起こり、栄養摂取にも影響が及ぶようです。
このことから、本来持っている、自分の歯を無くさないように保つことが、いかに重要かがわかりますね。また、インプラント治療という方法は、歯を増やすことになりますので栄養摂取を以前の状態に戻す作用があるともいえると思います。

 

でも、やはり一番重要なのは、自分の歯を長く丈夫に持たせるということですね。

インプラントと肥満

太ると何故 体に悪いのか?を考えてみましょう。

諫早インプラント相談室(長崎県諫早市 ふじた歯科内)の藤田です。


太っていて、体に良いとはだれも考えないと思います。中国などでは恰幅が良くないと商売に影響するので太っていることが良しとされている業界あるようですが、これも希少な考えと思います。

 

現在メタボリックシンドロームに対する対策が重要とされています。かく言う私もBMI が、かろうじて25を切る程度で、腹囲などもかろうじて既成のズボンが合う程度です。

こういう私が言うのもなんですが、自分に対する戒めも込めてダイエットの動機づけとしても書きたいと思います。

 

厚生労働省の発表によると、現代の日本人の死因は1位が悪性新生物(がん)、2位が心疾患(心臓病)、3位が脳血管疾患、4位が糖尿病、5位が高血圧性疾患となっています。
約60%が生活習慣病と言われています。

発症原因として、がんの場合は食事、喫煙、飲酒などがあげられ、心臓病や脳血管疾患を引き起こすのは動脈硬化です。最近いろいろな説が出てきていますが悪玉コレステロールが関係しているといわれています。

喫煙や過度なアルコール、ストレスなどは体内で活性酸素を増やし、がんなどを発症させやすくなるといわれています。また、脂質が血管に付着して動脈硬化を起こしたりすると言われています。

私の場合、ダイエットをして、3キロから5キロの体重変動はかなりの頻度で起こっているのですが、体重が重い時と軽い時では、血液検査の時の成分の値は驚くほど違っています。太っている時の脂質やコレステロールの値の高さは驚くほどです。

ファーストフードやコンビニ、外食産業の発達など、手軽に食事ができ、しかも高カロリーな食べ物が蔓延している現代です。肥満が増加して死亡原因の変化などが他の外国でも起こっています。肥満率からすると日本はアメリカ、メキシコなどと比べ、まだ低い方ですが、年年、だんだん高くなっているようです。

病気になりやすい人とはどういう人なのかを調べてみると、「痩せすぎ」は体力のなさにつながり感染症などの抵抗力が低くなり、逆に「太りすぎ」は生活習慣病になりやすいと言えるのです。

太るということが病気になる大きな要因になっていることがわかって、肥満が大きな問題となってきたのです。基本的に医療費の削減=国民の健康ですから、なるべく病気にならないようにするための肥満防止、つまりメタボの予防が重要になってきているのです。

バランス良く食事して、適度の運動をし。精神的にも安定の取れた生活を送るのが健康の源のようですね。

歯やお口の健康について

諌早市やその周辺にお住まいの方、あなたは歯やお口の健康についてどういう風にお考えですか?長崎県や諌早市には歯科医院が沢山あります。

「歯が痛くなってから歯科医院を探せばいいや」と思っていませんか?

「痛みだけが止まれば良い」と痛みが我慢できなくなってから歯科医院に行っていませんか?

「痛くなったら歯科医院に行けばいいや」と簡単に考えていませんか?

それではいずれ多くの歯を失い入れ歯への道をたどることになるでしょう。

あなた自身の健康のことなのに、自分のことを粗末にしている人がとても多いような気がします。今までの多くの歯医者は患者さんの歯の痛みをとり、削っては詰め、抜いては入れることの繰り返しをしてきました。これではお口の健康を壊していく患者さんに助力しているのと同じことです。

諫早市のふじた歯科では、一本の歯が痛んだとき、そして一本の歯を抜くとき、患者さんに「何故そうなってしまったか、それが将来にどんな結果になるのか、どういう影響を及ぼすのか?」ということに疑問を感じて、そして「そうならないためには、どうしたらいいのか」と気付いてもらいたいという思いで仕事をしています。スタッフ全員が同じ気持ちでいるのです。

残念ながら、いまだ多くの患者さんは、とりあえず痛みがなくなれば、もうそれで大丈夫と考えてしまいがちです。痛くなくなったら治ったと勘違いされてしまう方が多いのです。

でも歯が痛くなった原因は、何も解決されていません。歯を抜かざるをえなかった理由は何だったのでしょう?その原因は、まだあなたの口のなかに残ったままなのです。
原因はそのままですから、時間の経過とともにどんどん他の歯も歯茎も、歯の土台である顎の骨なども悪くなる一方です。

生涯にわたって残っている歯の本数が多ければ多いほど、一生涯にかかる医療費が少なくなるというデータが証明されています。つまり歯を残せば残すほど、歯を大事にすればするほど、全身が健康でいられるのです。長期的に見れば、歯や歯肉が悪くなるということは、歯や歯肉だけの問題ではないのです。1本歯を失くすたびにご自分の身体を痛めつけていることになります。癌や心臓病、脳梗塞等になりやすくなるという事も分かっていますし、痴呆になりやすいということも分かっています。

あなたは『悪くなるまで我慢すること』が、何か「医療費の節約」のような気持ちになっていませんか?大きな間違いです。実は非常に大きな損をしているということになります。
歯が悪くならないように、歯肉が健康を維持するように、歯を定期的にケアする人というのは、歯をケアしない人と比べて、生涯に支払う医療費が、約5分の1で済むという統計がちゃんと出ています。あなたはどちらがいいですか?生涯健康で暮らしたいですよね。

ふじた歯科には、院長である私の他に優秀な、歯科医師や歯科衛生士やスタッフがおります。お口の健康について検査やアドバイスをいたしますので、どうか耳を傾けて下さい。
あなたの健康のために真剣に考えさせていただき、お話をさせていただきます。

長崎県にお住まいの方、このホームページを見られたのも何かの縁です。ふじた歯科は、患者さんが多く、混み合っており、なかなか思うように予約が取れないと、よく言われます。
実際、希望通りの予約がなかなか取れない状況です。また予約待ちの方が多くいらっしゃいますが、電話で何とか予約をお取りの上、来院して下さい。痛みのある方、緊急性の高い方は、優先的に診察するようにいたします。

しかし、本当は痛くなる前に通院して予防をするのが最も望ましいのですよ。

住所:長崎県 諫早市 多良見町 中里129−14
電話番号:0957−43−2212
メール相談はこちら 

今や、インプラントという言葉はどこにでもあふれています。聞いたことがない方を捜すのが難しいでしょう。諫早市には多くの歯科医院がありますが、諫早市の全ての歯科医院でインプラント治療をやっているわけではありません。諫早の方もその多くの方は、どの歯医者に行こうかと迷っているようです。

ふじた歯科には、長崎県 諫早市以外にも長崎市、佐世保市、大村市、島原市、西海市、南島原市、雲仙市、時津町、長与町などからインプラント治療に来て頂いております。 
多くの方が長崎県で良い歯医者を探して、その結果私のふじた歯科を選択されたわけですから、私達は、患者さんの期待に答えていけるようにこれからも一生懸命、頑張っていきたいと思っています。

▲このページのTOPへ

インプラントを考えるなら長崎県諫早市のふじた歯科