高濃度ビタミンC点滴とインプラント

インプラントと点滴療法

 

ふじた歯科ではインプラント治療において、高濃度ビタミンC点滴療法を取り入れ、患者様に良好な評価を得ています。

 

高濃度ビタミンC点滴療法ですが、歯科における効果・効能は以下のようなものがあります。1、インプラント治療などの外科治療後の治癒を促進する。2、歯周病予防・歯周病治療の一環として使用。3、歯肉粘膜組織の強化。4、歯肉やお口の周りの抗酸化、コラーゲン生成。5、美肌・美白効果。6、疲労回復・免疫力の向上。7、ガン治療、ガン予防。 8、全身のエイジングケア(アンチエイジング)

 

そもそも高濃度ビタミンC点滴療法は、2度ノーベル賞を受賞したライナス・ポーリング博士(米国)とE・キャメロン外科医(スコットランド)が「末期進行がんの患者に点滴とサプリメントでビタミンCを大量投与したところ、対照群の4倍から6倍に延命効果が得られた」と発表したことに始まります。

 

ビタミンC濃度が高くなるとガン細胞は死んでしまうが、正常細胞は全く影響を受けないといわれています。どのくらいの濃度になるとガン細胞が死ぬかというと350mg/dl~400mg/dlの血中濃度だそうです。この治療濃度を獲得するためには一度の点滴で個人差はありますが、62.5g〜75gが必要となります。

 

ビタミンCと聞くと、すぐにレモンを思い浮かべることと思います。レモン1個にどのくらいのビタミンCが入っているのかというと、レモン果実1個当たり「20mg」入っています。

 

高濃度ビタミンC点滴療法は高容量のビタミンC(12.5〜100g)先ほどレモン1個当たり20mgですから625個〜5000個分を静脈から点滴していきます。

 

なぜ点滴?服用ではだめなの?と疑問に思われると思います。健康食品やサプリメントでいっぱい存在しますからね。でも経口摂取ではほとんどが吸収されず体外に排出されてしまうのです。次ページにデータがあるので見てほしいのですが、60mgまではほぼ100%吸収されます。しかし3gになると3割くらいしか吸収せず、12gとなると16%で吸収されるのは約2gとなります。このように経口摂取量が増えるにつれて尿中排泄の割合が増えていきます。そのためサプリメントで大量に飲んでも治療効果は薄いのです。

一方、高濃度ビタミンC点滴は、血中ビタミンC濃度を経口摂取では達成できない濃度にまで一気に高めることができるのです。経口摂取の限界を超え、ガン治療から様々な病気の予防まで期待ができます。

 

摂取量

体内への吸収量

吸収率

尿中への排泄量

排泄率

〜60mg

〜60mg

100%

0mg

0%

100mg

80〜90mg

80〜90%

10-20mg

10-20%

1,000mg

750mg

75%

250mg

25%

2,000mg

880mg

44%

1,120mg

56%

3,000mg

1,172mg

39%

1,828mg

61%

4,000mg

1,099mg

28%

2,901mg

72%

6,000mg

1,560mg

26%

4,440mg

74%

12,000mg

1,920mg

16%

10,100mg

84%

 

 

このように、素晴らしい効果をもたらす高濃度ビタミンC点滴療法を、インプラント治療の使用することにより、免疫力を高めたり、コラーゲンの合成促進などの多くの効果があります。「痛くない、腫れない、治りが早い、インプラント治療」が可能となるのです。

CGF治療

CGF治療 

ふじた歯科では、インプラント、歯周外科、口腔外科治療などの手術の際、骨や歯周組織の再生療法を実施しております。骨や歯茎などが足りない場所に最先端の技術を使用しております。その中でも今現在、最も期待されているのがCGFです。

 

CGFは従来のPRPにかわる次世代の血小板濃縮フィブリン製剤として、歯科分野や再生医療分野など多くの分野での応用が期待されております。CGFは患者さんご自身の血液を専用の遠心分離機にかけることで抽出されます。添加物を一切用いない完全自己血液由来の血小板や成長因子を多く含んだフィブリンゲルです。

 

手術前に患者さんの血液を採取し、CGF(concentrated growth factors)を作ります。このフィブリンゲルは、他の骨補填剤と違って、何より完全自己血液なので感染症についても安心度が高い治療法なのです。

手術の創傷治癒効果を促進させたり、人工の骨補填材のかわりに使用したり、人工のメンブレン(骨を増やすための膜)のかわりに使用したりし、骨を同時に増やすインプラント治療を行っております。そのため、他院にて、骨が薄いためインプラントを断念された患者さんにも対応いたしております。


MEDIFUGE(メディフュージ) CGF専用遠心分離機
MEDIFUGE(メディフュージ) CGF専用遠心分離機

CGF作製専用遠心分離機「メディフュージ」を使用し、CGFを作製します。
血液中の凝固因子が自然に刺激され、遠心分離により赤血球が分離されるとともに、成長因子や血小板を多く含むフィブリンゲル、CGFが形成されます。

形成されたフィブリンゲル、CGFは凝固剤・トロンビン・CaCl2等の添加物を一切用いておりません。そのため感染のリスクを低減させることができます。
メディフュージ

CGF(concentrated growth factors)1 CGF(concentrated growth factors)2 CGF(concentrated growth factors)3 

CGFの使用例

1.骨補填材と混ぜて使用

CGFを骨補填材と混ぜて使用します。当院ではβーTCPという人工骨を使用しますが、
CGFに成長因子と血小板が多く含まれているので、骨補填剤単独で使用するのに比べ、創傷治癒の促進が期待できます。そのため治癒機関が短くなります。

2.骨補填材のかわりに使用する

上顎洞底挙上(サイナスリフト、ソケットリフト)の際に、CGFのみを骨補填材のかわりに使用することができます。一切の人工物を使用しないのでより安心できます。

3.メンブレンのかわりに使用する

CGFを滅菌ガーゼではさみ、プレスするとメンブレン状になります。
GBRや歯周外科の際にメンブレンの変わりに使用することで、スペースメーキング機能やフィブリン本来のバリア機能により感染を防ぐなどの効果が期待できます。
またCGFは完全自己血液由来なので、免疫拒絶反応がなくより安全なのです。

▲このページのTOPへ

インプラントを考えるなら長崎県諫早市のふじた歯科