無痛インプラント治療

麻酔専門医による無痛インプラント治療を実施しています。

静脈内鎮静法

ふじた歯科ではご希望の方に対して、インプラント手術はもちろんのこと、抜歯などの外科処置などに必要があれば静脈内鎮静薬などを用いた治療(セデーション)を実施いたします。

この方法は、治療に不安を持っている患者さんや長時間のインプラント外科手術に最適な方法です。全身麻酔とは異なり、うたた寝をしているような感じで不安や恐怖心が取れ、とてもリラックスした状態で治療を受けることができる方法です。 眠っているとほぼ同じ状態にしたままなので、いつの間にかインプラント外科手術が終了しているといった感じです。

 

静脈内鎮静法方法は、腕の血管(静脈)に点滴で麻酔液を入れます。そのコントロールは熟練した麻酔専門医により行われます。5〜10分程度で麻酔が効きます。その後はインプラント治療が終了するまでうたた寝している状態です。

当院では、提携している長崎大学の麻酔科より来ていただき実施いたします。全身状態や使う薬剤の特徴に熟知している歯科麻酔認定・専門医が立会いのもと、全身状態を管理しながら行っていますのでご安心ください。

静脈内鎮静法終了後は、自分で歩けますが完全に切れるまで時間がかかりますので、車の運転や自転車での帰宅はできません。家族のお迎えやタクシーで帰宅して頂きます。

患者様の感想として、最も多いのが、

『いつの間に手術が終わったのか分からなかった』 というものですが、

『手術が終わるも何も、いつの間に始まったのか分からなかった』 と言う方もいます。

静脈内鎮静法でインプラント手術を行った方は、次にまたインプラント手術を行う時には 再度静脈内鎮静法でやりたいと希望されます。

長崎県 諫早市でインプラント手術を受ける方は、遠慮せず 歯科医師に「静脈内鎮静法はできますか?」と聞いてみて下さい。きっと安心なインプラントが受けられると思います。

 

▲このページのTOPへ

インプラントを考えるなら長崎県諫早市のふじた歯科